MENU

宮田俊哉がオタクになったきっかけは母親!ご褒美大作戦のエピソードがヤバかった!

宮田俊哉さんと言えばジャニーズ一1のアニメオタクですね!

オタクなら一度は訪れたいと思うコミケ(コミックマーケット)に宮田俊哉さんは3時間並んでアニメグッツを買っていたこともわかっています。

キスマイ宮田俊哉、3時間並びアニメグッズ購入

https://www.jprime.jp/articles/-/7201?display=b

宮田俊哉さんは特にラブライブやリゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)のエミリアが好きなんです!

もちろん自宅もアニメグッツで溢れていますね。

Twitter

宮田俊哉さんがアニメにハマったきっかけエピソードを調査したところ・・・「ご褒美大作戦」という衝撃的な事実がわかったんです!

また、宮田俊哉さんのオタクになった宮田俊哉さんの「母親」とのエピソードについて詳しく解説しています。

この記事でわかること

  • 宮田俊哉がオタクになったきっかけ・母親とのエピソード
  • 宮田俊哉のオタクが更に高まったエピソード・ハンターハンター

などについて解説しています。

目次

宮田俊哉がオタクになったきっかけ・母親とのエピソード

宮田俊哉さんが1番初めにオタクになるきっかけになったのが宮田俊哉さんの「母親」でした。

それは宮田俊哉さんが小学1年生の頃のことです。

宮田俊哉さんはサッカーを習い始めた当時右サイドハーフを任されていましたものの、なかなか自分のシュートで点を決められずにいたんです。

その時に「なぜ、活躍できないのか」と頭を抱えていたのは宮田俊哉さん以上に宮田俊哉さんの母親の方でした。

そんなある日のこと。

宮田俊哉さんの母親はある作戦を思いつきました。

それが「ご褒美大作戦」。

その内容は宮田俊哉さんが次の試合で点を入れたら、ポケモン(グッズ)買ってもらえるというものでした。

https://aucfree.com/

宮田俊哉さんは宮田俊哉さんの母親の言葉にやる気満々になり「お母さん。俺、めっちゃ頑張るよ」と言いました。

その言葉を有言実行する形で、宮田俊哉さんは見事にシュートを決めることができたんです!

そして念願のポケモングッズを買ってもらい満足でいっぱいだったようですが、その日を境にサッカーの熱が「ポケモン8・サッカー2」になりほどなくサッカーを辞めたという宮田俊哉さん。

宮田俊哉さんはその後漫画やゲームに夢中になる少年時代を過ごしたんですって。

宮田俊哉の人生観が変わったオタクのエピソード・ハンターハンター

https://www.hulu.jp/

宮田俊哉さんのオタク熱が高まったのがポケモンだったのですが、オタクになったことで「人生観が変わった」という経験もしたことを公言しています。

そんな宮田俊哉さんの人生を変えた作品は1998年から週刊少年ジャンプで連載開始した「HUNTER×HUNTER」(ハンターハンター)です。

宮田俊哉さんは「HUNTER×HUNTER』を読むために生まれてきた」という発言するほどのオタク熱があったことがわかっています。

宮田は過去に「『HUNTER×HUNTER』を読むために生まれてきた」と語ったこともあるほど、作品への強い愛を持っている

https://realsound.jp/2018/05/post-197400_2.html

当時小学生だった宮田俊哉さんはクラピカに憧れて手にチェーンを巻いて学校行っていたことやコップに水を張って念を送り、自分に能力があるか試してみたこともあったんですって!

Twitter

宮田俊哉さんは小学生らしい憧れ方でとても可愛らしい一面があったことも垣間見ることができました!

「小学校の頃に、クラピカってキャラが好きすぎて、手にチェーンを巻いて学校行ってましたから」

https://mdpr.jp/news/detail/1768753

その人物が持つ特殊能力の種類を見分ける診断法・水見式が登場すると、コップに水を張って念を送り、自分に能力があるか試してみた。

https://www.excite.co.jp/

宮田俊哉がオタクになったきっかけ・まとめ

Twitter

宮田俊哉さんがオタクになったきっかけは宮田俊哉さんの母親による「ご褒美大作戦」で、サッカーのシュートを決められたら「次の試合で点を入れたら、ポケモン買ってもらえる」という内容でした。

また、宮田俊哉さんは「HUNTER×HUNTER』を読むために生まれてきた」と発言するほどに人生観が変わったこともわかりました。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる