MENU

大谷翔平の両親の職業はコーチ?父親と母親の経歴についても!

WBCでは堂々のMVPを獲得し、現在もメジャーリーグのエンゼルスで二刀流として活躍し続けている大谷翔平選手。

そんな大谷選手を育てたご両親はどんな方なのでしょうか?

現在の職業と経歴をまとめました。

youtube

大谷翔平の父親の現在の職業

デイリースポーツonline引用

父:徹さん

現在は岩手県丹沢群金ヶ崎町にある中学校硬式野球の「金ヶ崎リトルシニア」で監督をされています。

大谷翔平の父親の経歴

徹さんは元々高校球児で岩手県立黒沢尻工業高校で甲子園を目指し、卒業後は「三菱重工業」で社会人野球を行ってこられたスポーツマンです。

プロを目指しておられましたが、24歳頃に志半ばで断念。野球を引退されてからは自動車ボディーメーカー(現在のトヨタ自動車東)に転職し、しばらくして横浜➡岩手の奥州市に移住されました。


大谷選手には7つ上のお兄さん(龍太さん)がいて野球をされていましたが、龍太さんには仕事が忙しく何もしてあげられなかったことが心残りで、大谷選手が野球を始めた頃には一生懸命指導するようになったとのことです。

大谷選手が小学校2年生で「水沢リトル」に加入した際、徹さんがコーチや監督を務めています。

また水沢南中学校に時に所属した「一関リトルシニア」でもコーチを務め、小~中学校の大谷選手の野球指導に大きく関わられました。

大谷選手が卒業後も2014年に有志と「金ヶ崎リトルシニア」を立ち上げ監督を続けられ、2016年にはトヨタ自動車東日本を退職し監督業に専念されているそうです。


徹さんと大谷選手は小学2年生から小学5年生まで「野球ノート」と書いたノートに野球のアドバイスや反省などを交換日記のように書いていたそうです。その野球ノートにほとんどのページに3つの大事な教えが書かれていたそう。
  • 大きな声を出して、元気よくプレイする
  • キャッチボールを一生懸命に練習する
  • 一生懸命走る

現在は世界的に有名な野球選手となりましたが、大谷選手が23歳の時にこう発言されています。

3つの教えは基本的なものですが、今でも覚えています。
それはどのステージに行っても言われ続けることだと思います。
特に全力疾走は、そのこと自体に意味がありますけど、その取り組み姿勢に大きな意味合いがあると思っています。

引用元:東洋経済オンライン

WBCで共に戦ったカージナルスのラーズ・ヌートバー選手も全力疾走することが大事だと語っていました。

全力疾走することは大谷選手が言われているように、すること自体もですがその姿勢が肝心なのかもしれませんね。

大谷翔平の母親の現在の職業

hikari-iyashi.comより引用

母:加代子さん

以前は岩手の焼き肉店でパートとして働かれていたそうで、現在は大谷選手のシーズンオフ時に食事の世話や運転手をして生活を支えているそうです。

大谷翔平の母親の経歴

加代子さんは元々バドミントン選手でした。

小学5年生の頃から始めて、中学3年の時には神奈川県の代表メンバーに選出され全国大会の団体女子の部で準優勝を飾っています。

当時はバルセロナ五輪に出場した陣内貴美子さんと何度も対戦したことがあるそうです。

中学卒業後は神奈川県立横浜野高校に進学し、朝から晩までバドミントンに打ち込みインターハイに出場されるなど活躍されました。

高校卒業後は徹さんと同じ「三菱重工業」に就職され、社会人になった後もバドミントンを行われ神奈川県予選でベスト4まで進んだとのことです。

instagramより引用

徹さんとは加代子さんが入社1年目の時に野球部の壮行会で出会い23歳で結婚されたそうです。

大谷選手が小学校に入学した後は家計を支えるために、水沢市内の飲食店でパート従業員として働いていたようです。パートは週4~6日入っていたようで、

多いときは一日8時間働く日もあったそうです。

加代子さんは子供を育てる上で心掛けていたのは

  • 家族の団らんを大切にすること                                     

休日には家族みんなでホットプレートを囲んでワイワイとにぎやかにご飯を食べられるようにしていたとのことです。

そのような時間を多く取ることで家族のコミュニケーションを円滑にできるようにしていたのでしょう。

また玄関からリビングを通らないと子供部屋に行けないため家族の目線が必ず入るようになっていたことも話しておられました。

大谷選手の素晴らしい人間性はご家族の教育も大きく影響しているのだと感じますね。

大谷翔平の両親の職業・まとめ

大谷選手のご両親の経歴ですが

  • 父:中学野球の監督
  • 母:焼き肉店のパート

とお父様が野球の指導に携わっていることが分かりました。

またお二人とも野球やバドミントンで優秀な成績をおさめられており、アスリート一家だということが分かりました。大谷選手はご両親のDNAをしっかりと引き継いでいるのでしょう。

また両親の野球の基本的な姿勢の教えや家族内での教育があるからこそ今の活躍があるのかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人