MENU

東福寺の紅葉2023の混雑状況は?回避方法4つを解説!

スポンサーリンク

京都屈指の紅葉名所と呼ばれている、東福寺。

京都五山の一つのお寺で、紅葉の見ごろを迎える11月はに約40万人の参拝客が紅葉を楽しみに訪れます。

しかし、紅葉の季節には毎年大混雑となる東福寺の紅葉。

そこで今回は、東福寺の紅葉2023の混雑状況や、人混みを回避する方法についてまとめてみました。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

東福寺の紅葉2023の混雑状況・1番混む時期はいつ?

じゃらんnet

早速、東福寺2023の混雑状況についてご紹介していきます。

例年だと、東福寺の紅葉の見頃は11月中旬から12月初旬となっているようです。

そのため、

東福寺の紅葉2023の1番混む時期は11月下旬から12月初旬であると予想されます!

ちなみに、2021年11月下旬頃の紅葉は全体的に赤く色づいていたようですよ。

Twitter

ネットでは、やはり11月下旬から12月初旬にかけて「混雑していた」という声が多く上がっていました。

Twitter
https://twitter.com/acha__guu_/status/1463517594082631687?s=20
Twitter
スポンサーリンク

東福寺の紅葉2023の混雑状況・平日

ウェザーニュース

11月下旬から12月初旬にかけて混雑が予想される、東福寺の紅葉2023。

ここからは、平日の混雑状況についてご紹介していきたいと思います。

例年通りだと、やはり平日でも紅葉を見に訪れている方々で混雑しているようです。

ネットでも「平日とは思えないくらい混んでた」などの声が挙がっていましたよ。

https://twitter.com/tomotrip9012/status/1609089598994481152?s=20
Twitter

その一方で「休日ほどの大混雑でもなかった」との声も聞かれました。

Twitter
https://twitter.com/KAPITOSAN/status/1596271928616300545?s=20
Twitter

東福寺の紅葉2023も、休日ほどの大混雑ではなさそうですが、それなりの人混みが予想されますね。

特に、紅葉の見頃である11月下旬から12月初旬は平日でも混み合う可能性が高いでしょう。

スポンサーリンク

東福寺の紅葉2023の混雑状況・土日

京都新聞

では、休日はどうなのでしょうか?

休日は地元の方だけではなく、多くの観光客が訪れるため、かなりの混雑が予想されています。

2021年・2022年の紅葉シーズンには、紅葉が赤く色づき始める頃には大混雑だったとの声が多く挙がっていました。

Twitter
Twitter

紅葉の見頃である11月下旬から12月初旬にかけては、朝から訪れても混雑しているようですね。

東福寺の参拝自体にも入場制限がかかってしまう日があるのだとか。

https://twitter.com/stylish1021/status/1198365361856368640?s=20
Twitter

また、過去には東福寺の最寄駅であるJR東福寺駅にも入場制限がかかってしまったこともあったようです。

https://twitter.com/mturu2001/status/1198151393523068928?s=20
Twitter

そのため、休日に東福寺の紅葉を見に行かれる方は、あらかじめ下調べをしておくと安心かもしれませんね。

スポンサーリンク

東福寺の紅葉2023・混雑回避方法4つ!

例年通りであれば、東福寺の紅葉2023も平日・休日に関わらず混雑が予想されることが分かりました。

しかし、せっかくなら壮大な紅葉の景色をゆっくり楽しみたいですよね!

ですので、ここからは混雑を回避する方法をご紹介します。

その気になる方法とは…

  • 朝早くに訪れる
  • 休日ではなく平日に訪れる
  • 紅葉のピークの時期から少しズレた時期を狙う
  • 早朝に臥雲橋(がうんきょう)から紅葉を見る

の4つです!

以下でそれぞれ詳しく解説します。

スポンサーリンク

混雑回避方法①朝早くに訪れる

ウェザーニュース

初めにご紹介する混雑回避方法は、朝早くに向かうという方法です。

東福寺の紅葉が最も混雑する時間帯はライトアップが行われる17時前後〜と言われています。

その次に混雑するのが、太陽が出ていて少し暖かいお昼前後です。

そのため、早朝に東福寺を訪れることで人混みを回避することができる可能性が高いです♪

ネットでも、早朝にゆっくり紅葉を楽しむことができたとの声が挙がっていました。

Twitter

また、東福寺の参拝にはチケットが必要です。

東福寺の開門後にチケットを買おうとすると、そこで長い待ち時間が発生してしまう可能性もあります。

開門は朝の8:30なので、開門時間よりも早めについてチケットを購入するための列に並んでおくのがオススメです!

東福寺の紅葉2021では「秋の早朝先行貸切拝観」という、事前申し込み制の期間限定早朝プランも用意されていたようです。

東福寺

もしかしたら、今年もあるかもしれません!

あらかじめ、早朝プランについても調べておくと良いでしょう♪

スポンサーリンク

混雑回避方法②休日ではなく平日に訪れる

スカイチケット

次にご紹介するのは、休日ではなく平日に行くという方法です。

京都は日本屈指の観光名所で、週末には日本全国から多くの観光客が訪れます。

また、2023年は海外からの観光客が多く京都を訪れることも予想されますよね。

そのため、休日ではなく平日の方が比較的ゆっくり紅葉を楽しめるでしょう。

https://twitter.com/anji_karasuma/status/1595963620109651968?s=20
Twitter
スポンサーリンク

混雑回避方法③紅葉のピークの時期から少しズレた時期を狙う

じゃぱたびっくす

紅葉のピークの時期とは少しずらすという方法も、混雑を回避するのには有効でしょう。

この記事の冒頭にもある通り、東福寺の紅葉のピークは11月下旬から12月上旬というふうに言われています。

そのため、その時期を避けて参拝すれば、人混みに遭遇する可能性が低くなると思われます。

オススメは紅葉のピーク後です!

その時期にしか見られない、美しい紅葉の絨毯が広がっていますよ。

Twitter
スポンサーリンク

混雑回避方法④早朝に臥雲橋(がうんきょう)から紅葉を見る

日本の観光地・宿

最後にご紹介するのは、臥雲橋(がうんきょう)から紅葉を見る方法です。

臥雲橋(がうんきょう)というのは、地元の方が普段から使用している一般道で、東福寺の開門前から通行することができます。

観光客にはあまり知られていない場所なので、早朝に訪れれば朝日に照らされている綺麗な紅葉をゆっくり見ることができます!

また、東福寺の人気スポットである通天橋も見ることができるので、インスタ映えもバッチリのオススメスポットです♪

Twitter
スポンサーリンク

東福寺の紅葉2023の混雑状況・まとめ

東福寺の紅葉2023の見頃は、例年通りだと11月下旬〜12月上旬であることが分かりました。

また、混雑を回避するには…

  • 朝早くに訪れる
  • 休日ではなく平日に訪れる
  • 紅葉のピークの時期から少しズレた時期を狙う
  • 早朝に臥雲橋(がうんきょう)から紅葉を見る

という4つの方法がありましたね!

猛暑日続きだった夏も終わりに近づき、今年ももうすぐ秋がやってきます。

綺麗な紅葉が見られる日が待ち遠しいですね♪

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる